サーフィンのリバースのやり方について解説します。



2017 12/9 SURF リバースはクローズアウトセクションが一番簡単です。 崩れてる波に当て込み回す。 ただ回すだけだとありがちな失敗です。 クローズアウトセクションにローラーコースターするように0.5秒ローラーコースターしてから回します。 クローズアウトセクションに当て込み回すと回ってる間に波に置いていかれるので、ローラーコースターで多少波を降りてから回します。 知識0から始めるWEBサイト運営とECショップのブログ書いてます。 http://imaizuminorihiro.com/ #リバース #reverse #howtoreverse #サーファー #surf #サーフィン #surfing #surfer #surfingday #千葉 #成田 #富里 #skate #mensunderwear #model #fashion #workout #physique #tattoo #underwearmodel #下着モデル #筋肉 #筋トレ #ジム #トレーニング #起業家 #アパレル #オリジナルブランド

IMANORIさん(@imaizumi.norihiro)がシェアした投稿 -




1・ちょっと厚め(底掘れしていない)ながらパワーがある波で、走ったあとに前から波が崩れてきたらチャンス!

・掘れていると当てた後の着地が難しいです。
・パワーが無いと当てた後に板が返りません。
・ある程度走れないとスピードがなく回りきれません。

少し小さいですが1のような波でした。
緩めのボトムターンからスピードをつけてローラーコースターして波の前に出るイメージで入っていきます。
シーケンス-01


2 ゆるいボトムターン~リップして行きます。
ここで成功が決まるので詳しく説明していきます。
シーケンス-02

2-1
縦のラインはNGです。 縦から入ると合計で540度回らなくてはいけません。
イメージが浮かばない人はボールペンを回して見て下さいね。
シーケン2-3

2-2
出来る限り横のラインで入れば、回る角度が45度減ります。
(横すぎると波の前に出れないので進入角度は45度くらいでしょうか)

スラッシュのイメージですが、スラッシュだと90度で止まってしまいます。
イメージはスラッシュなのですが、回さないといけないので多少上からローラーコースターして波を降りてからのスラッシュです。

*この当てる角度と、当てた後の前足体重での回転までが難しいです。
慣れるまでは色々な角度からの進入と失敗覚悟で当てた後に思いっきり回して下さい。
シーケンス-2-4

2-2
波を縦にしてみると分かりやすいのかな。
横の波に縦にリップすればスラッシュですね。
シーケンス-2-5



波の中腹まで来ましたが、板はまだ回していませんね。イメージと体は回す動作に入っています。
シーケンス-04

4(3から4の間は0.5秒以下です。)
ローラーコースターで少し下に降りたら板を回す動作に入ります。
右手を振り回しています。

回す動作に入っていきます。
・ローラーコースターして少し下に降りたら、
・前足に全体重を乗せ、
・前足を支点に右手を一気に振り回してテールをPUSH(スラッシュ)します。
・フィンはスープの上で波に食い込んで無いのでフィンアウトし易いはずです。


シーケンス-05


5 バックワードしてます。(後ろ向きで進む)
ここまでくれば動きは完璧です。 

波の前に出れない場合はスピードが足りません。
波が先にいってしまう場合は回すタイミングが早いです。
(ローラーコースターで波の中腹まで行かずトップで回している)
シーケンス-06



6波の前に出れば成功

シーケンス-07


という感じでした。


波は奥から手前に移動してるのでその場で一気に回そうとすると波に置いて行かれます。

イメージでDVDなどを参考にすることは多いと思いますが、
映像は平面なので横に動いてるように見えるから、その場で一気に回ってるように見えがち。

360もチョップホップも 回す系の失敗は、

波が奥から手前に且つ、左右に割れている事を意識していないです。


*あとは360とチョップホップ、エアーならHOW TOできますので、時間ができたら書きますね。

分かりずらかったらコメント下さい。
タイミング合えば千葉北で有料レッスン致しますよ(^^)