わたくし突然、騒音被害に遭いました・・・

もしあなたもある日突然【騒音被害】に遭った場合に備えて、私の記録として書いていきます。


 ・まず何をすれば良いのか?
 ・解決できるのか?
 ・相手が直さない場合はどうすればいいの?
 ・とことんやった場合は裁判に勝てるのか?
 ・裁判費用は?期間は?慰謝料は?

を本日よりお送りします。結論から言うと、相手が100%悪くても相手がごねると長期化します。法や行政は何もできません。じゃあ、お金と時間をつぎ込んでもどうにもならないの?っていうブログです。現在進行形。

応援よろしくお願い致しますm(__)m


まずは私の家の隣の工場(資源ごみ(紙)の一般廃棄物処理施設)の動画をどうぞ



公害問題(大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、騒音、振動、地盤沈下、悪臭)は
・加害者が特定しずらい
・公害発生が不定期
・先住、後住問題

など複雑で裁判はほとんどが大規模訴訟(鉄道・航空・水質汚染など)で、ネットでも判例が少なく泣き寝入りが多いのかな。と思います。


第1話
まずは、私がなぜ突然、騒音被害に遭ったのか。経緯をお話しします。

ーーー【経緯】ーーー
昭和○○年     
義父が、親の土地の端に家を建てる。畑から宅地へ
1土地に家を建てる


昭和58年(登記上)
隣の土地の持ち主が古紙回収業者に土地を貸す。
古紙回収車の駐車場と事務所が設置される。畑から雑種地へ
1隣に駐車場と事務所ができる


平成元年
(書類上)
古紙回収業者が工場建設、古紙圧縮梱包機などを設置。
3工場増築&規模拡大

平成13年      
古紙業者が一般廃棄物処理設置許可取得

平成15年      
嫁の親(以後義父)が家を建て直す。

平成○○年      
嫁の仕事が朝早くなり騒音による睡眠不足でアパートに一人暮らし。

平成○○年   
結婚。義父に部屋が余ってるから住むか?と誘われるが夫婦共々騒音の為断る。

令和2年4月  
突然死にて義父他界。嫁が騒音ハウスを相続。 私は自営業。嫁は転職が決まった直後で葬儀~相続で就職を断り無職に。家もまだ築18年なので一旦騒音ハウスへ。世間はコロナでステイホーム。騒音が気になり睡眠不足などの健康被害が出る。

現在に至る

今となっては残念ながら、義父が騒音についてどう思っていたのかは謎です。
・近所付き合いで我慢していたのか?
・日中は仕事で家に居なくてそこまで気にならなかったのか?

また嫁も幼い頃から隣に工場があり、静かな生活環境を知らない。という可哀そうな人です。また学生時代や就職してからは日中は仕事で我慢できていたようです。しかし一人暮らしして普通の住宅地に住み実家の騒音の異常さに気が付いたみたいです。私は住宅地で育っているので即異常だと思いました。



私「うるさい!」
相手「私は思わないけど」


では言い合いでいつまでも終わりません。一般的にうるさいのか?またうるさいなら行政に罰してもらう為に日本の法規に引っかかるか?調べる必要があります。

ーーー【日本の公害についての法規】ーーー


*私は法律家ではないので細かい突込み勘弁。また大きな間違いはコメントにて教えてください。
法律では公害として
・大気汚染
・水質汚濁
・土壌汚染
・騒音
・振動
・地盤沈下
・悪臭 が定義されています。

もしあなたが公害の被害に遭った場合、法律違反で罰則があれば警察等が動き、加害者は逮捕され公害被害は収まるはずですね。

ざっくりと日本の法体系は憲法法律県・市の条例という流れです。
騒音についてみてみましょう。


ーー憲法ーー
憲法は
国民の権利・自由を守るために、国がやってはいけないこと(またはやるべきこと)について国民が定めた決まり。公害については記載なし。国は国民の命を守るを解釈次第では・・・w ただ法律家が解釈するかは別です。

ー 法律 ー

環境基本法によって以下のように定めてあります。要約すると、
・環境の保全について法律で基本理念を定めます。
・環境の保全について責任は誰にあるのか定めます。
・基準を決めるのは類型の当てはめがあれば市の長。ない場合は県知事ですよ。

 第1条
・環境の保全について、基本理念を定め、並びに国、地方公共団体、事業者及び国民の責務を明らかにする
・環境の保全に関する施策(しさく)の基本となる事項を定める

 第3条で基準について
・類型の当てはめがあれば属する市の長、ない場合は都道府県の知事

騒音規制法では、
・特定施設(工場)、特定建設作業、自動車騒音、航空騒音など騒音が出やすい機械、作業、施設に関して基準を定めますよ。


このように法律では、
・環境や公害の基本理念
・環境保全の責任の所在
・大きな音がでやすい機械を使う場合は、特定施設や特定作業として定めている

のみで特定施設に該当する機械や作業ではない騒音は県や市に任せます。としています。

法律はおおまかに決めておいて各県や市町村の条例に任せる形をとっているようです。北海道から沖縄まで多種多様な風習や季節があると法律で縛りすぎると逆に地方が動きずらくなってしまうからだと思います。

もしあなたの公害被害が特定施設や特定作業に該当するなら、
・施設の建設許可や操業許可、作業許可や作業方法
など厳しく法に定められていますので騒音を感じるなら何かしら違法状態があると思われます。
まずは公害窓口の市へ報告し、立入検査してもらいましょう!


私の隣の工場は特定施設でも特定作業にも該当しないので、私の住む千葉県の条例をみてみましょう。

ーー 千葉県条例 ーー
第6編 環境保全 第4章 生活環境 第5節 騒音より
 ・特定工場、特定建設、航空に関してのみ

もしあなたの公害被害が特定施設や特定作業に該当するなら、
・施設の建設許可や操業許可、作業許可や作業方法
など厳しく法に定められていますので騒音を感じるなら何かしら違法状態があると思われます。
まずは公害窓口の市へ報告し、立入検査してもらいましょう!



ーー 富里市条例 ーー


もしあなたの公害被害が特定施設や特定作業に該当するなら、
・施設の建設許可や操業許可、作業許可や作業方法
など厳しく法に定められていますので騒音を感じるなら何かしら違法状態があると思われます。
まずは公害窓口の市へ報告し、立入検査してもらいましょう!


ー富里市環境基本条例ー
この条例は,環境の保全及び創造について,基本理念を定め,並びに市,事業者及び市民の責務を明らかにするとともに,環境の保全及び創造に関する施策の基本的な事項を定めることにより,環境の保全及び創造に関する施策を総合的かつ計画的に推進し,もって現在及び将来の市民の健康で文化的な生活の確保に寄与することを目的とする。
   
第3条 
環境の保全及び創造は,現在及び将来の市民が健全で良好な環境の恵みを受けられ,その環境が将来にわたって維持されるよう適切に行われなければならない。
 
第5条 
事業者は,事業活動を行うに当たっては,これに伴って生ずる公害を防止し,環境への負荷の低減に努め,又は自然環境を適正に保全するため,その責任において必要な措置を講ずる責務を有する。
 


ー富里市公害防止条例ー
 特定施設・特定建設作業や深夜営業など
第9条 市長は、公害を防止するために必要な規制基準を規則で定めるものとする。


ー富里市公害防止条例施行規則ーー
騒音又は振動の規制基準(類型)用途地域の当てはめ
冨里市騒音規制基準



法律で用途地域の当てはめがある場合は市の長と書いてあります。私の住所は市街化調整区域のその他に当てはまり騒音基準値が定めてありました。
06:00~08:00 55db
08:00~19:00 60db
19:00~22:00 55db
22:00~06:00 50db

ということです。この条例の騒音基準値を超えていれば、憲法違反?法律違反でもなく市の条令違反ということになります。

その他の公害についても、水質汚染、大気汚染などは判別が難しいですが基準が定めてありますが、市の条令違反について罰則の記載はありません。これが公害被害に遭ってる人たちが泣き寝入りしている原因です。


法律上、私の生活環境を守る責任があるのは市ということ。そして工場が市の騒音基準値を超えていれば市の条例違反である。ということです。


このように日本で公害の被害にあった場合、基本的にあなたの生活環境や健康を守るのは市の責務ということです。

また市の騒音基準値ですが、
・計量法71条に合格した騒音計で計測すること。
・日本産業規格Z8731に定める騒音レベル測定方法によること

とあり、検定付き騒音計は20万円~

Amazonに売っている簡易騒音計と素人の計測では、市に「騒音基準値を超えていますので、これは騒音です。」と認めてもらえません。

市の環境課などは法に認められた騒音計で計測してくれて、正式な数字の記録が残るので
あなたが神経質ではなく、これはうるさいです。と市に認めてもらいましょう。


*市役所は平日の日中しか空いてません。
 夜間や、偶発的な(若者が騒いでる等)騒音なら、警察でも大丈夫です。私も家の横でトラックが長時間アイドリングしていた時は警察呼んで対応して頂きました。

日常的な騒音であれば、根本的な騒音対策を相手にしてもらわなくていけないので、管轄は市役所になります。
スポンサードリンク