setsumeikai_seminar





無料で読めます。ダウンロードもできます↓




第33回 お客様中心主義
(セッション3-13.0&13.1)

*今回より起業後のより実践的な話になります。

沢山の方が「営業が苦手です」と言います。
皆さんは、自分の商品やサービスに興味を持ってくれている人に説明する(営業する)のは得意ですよね?

営業が苦手では無いんです。営業の入り口見込み客の獲得が苦手なんです。
今回から見込み客獲得が苦手なあなたへの「見込み客マーケティング」の成功事例を説明していきます。

まずはお客様中心主義です。マーケティング用語で顧客満足主義はありますが、顧客中心主義です。顧客満足だと顧客は神様で我々が下。上と下の縦の関係です。お客様中心主義は我々とお客は対等の関係です。

お客様とは自分のファンや顧客です。そしてお客様の意見は絶対でなくあくまでも中心。お客様の話を聞きすぎるとみな同じになってしまいます。個性化、差別化とは逆行します。

例)通販で買った商品にありがとうの手紙が入っている話。
お客さまから商品に手紙が入ってると嬉しいです。と意見が来る。色んな会社が意見を聞き、手紙を入れる。皆入れる。

例)アップル
スティーブ・ジョブズはお客からの意見を参考にしてipod、ipad、iphoneなどを作ったでしょうか?もし意見を参考に作っていたならSONYもマイクロソフトもお客様の意見を聞いて製品化していたはずです。しかしiphoneはアップルから生まれた。なぜか?スティーブ・ジョブズが「私はこんなのが欲しい。皆もこんなのが欲しいんじゃないか?」とお客様に提案したからです。


お客様中心主義とは、現状で満足を判断するお客様の意見ではなく、お客様の未来の満足を提案します。

お客様の未来の満足へ先回りするためには、自分の顧客が何を欲し、どう行動するのか?を誰よりも知っている必要があります。

お客様中心主義と言いましたが、お客様は十人十色です。1着何十万のオーダースーツのようにすべてのお客様にフィットするようにサービスや商品を提供することはできません。

だわりを持ち、自社のお客様を絞り込み、特定し、自社のサービスや商品に関心を持っていただける人たち、そのグループが自社のお客様です。

まとめ
・事業・サービスを絞り込む
・絞り込んだ自社顧客を特定する。



<< イマノリ的補助線 >>
お客様中心主義とは、現状で満足を判断するお客様の意見ではなく、お客様の未来の満足を提案します。

解りづらいですよね?
携帯電話で例えるなら、お客様の言うことを聞いていたら、日本の携帯みたくどんどん小さく多機能になるだけです。
「もっと小さいのが欲しい。カメラも欲しい。WEBも見たい。」

これではスマホは産まれません。お客様が考えもしない素晴らしい提案。これが本当にお客様が喜ぶことなんです。

なので、お客様満足主義ではなく、お客様中心主義と言っているんだと思います。

このお客様の未来の満足を先回りして考えるというのは起業したら永遠に続くテーマです。そして直ぐには思いつかないし、バンバンアイデアも出てくるものではありません。

できるかぎりリスクを抑える小さな起業でできることは、事業を絞り、その事業のお客様を良く知ること。売上を心配し多角化すればするほどお客様の範囲が広がり、沢山のお客さまの意見を聞き、服ならユニクロ、食料品ならイオンみたくなり、個性や差別化がなくなり大企業に勝てません。



考えて書いてみよう
・どんな事業に絞り込みたいですか?

・どんな人達をお客様にしたいですか?
stationery3





ECショップ・WEBサイト運営・オリジナルアパレルでの起業・副業相談乗っています(^^)




スポンサードリンク