setsumeikai_seminar






無料で読めます。ダウンロードもできます↓




第32回 シンプルな計画とシンプルな実績評価
(セッション3-12)

計画には3種類あります。
①やりたい計画(希望)
②しなければならない計画(最低限)
③できる計画

③のできる計画というのは「頑張ればできそうだ」なので、①、②、②の難易度は・・

やりたい計画>しなければ>できる計画になると思います。最低でも①>②=③にしてください。


計画は、年間の売上、利益、経費を月に落として、もう少し細かく、商品毎、得意先毎に細分化します。すべて数字です。これらの数字を達成するために重要業績評価指標(KPI)を設定します。


KPIとは・・

簡単に言うと1年の計画(目標)達成の為に、1年を12ヶ月で割り、52週で割り、365日で割り、目標に向かって進んでるか日々チェックする為の数字。


大切なのは、計画はシンプルに作ること。そうでないと実績評価もシンプルにできません。

計画も実績評価もシンプルであれば、誰がみても成功か?失敗か?わかります。あなたのビジネスのKPIも整理して見ましょう!


次に、行動計画です。KPI達成の為に、行動を決めましょう。
「今日何すれば良いのか?」
「今月何すれば良いのか?」

あとは決めた通りにやるだけです。



まとめ

・最低でもしなければならない目標、できればやりたい目標を達成する。
・目標達成のため、目標を年や月、週へと細分化し日々確認する。




<< イマノリ的補助線 >>

今回の話は、最低でもしなければならない目標の達成!できればやりたい目標の達成の為に、目標までの道のりを細分化し定期的に確認しよう!という話でした。

これは、
・自分の目標
・会社での仕事
・起業
・そして事業の目標達成 

など全てに使えますね。学生時代の勉強では「いつまでにコレ」と決めいたかもしれませんが社会人になってから目標を決め、それを達成した人はどれくらいいるでしょうか?

そして目標を決め、達成したからと言って自分の理想を掴めるわけでもありません。
目標を達成したからこそ見える景色が自分の思い描いていた景色と違うことは多々あります。目標が間違っているかもしれません。そのときは次の目標に向かってすぐ進まなくてなりません。

・東大に行く
・大企業に就職する
・Youtube登録者1万人を目指す

これらの目標がすべて「お金を稼ぎたい」が理由だった場合、あなたの性格と合わない目標の場合もあります。

その場合、PDSのP(PLAN)を練り直して、DOしてサイドSEEで検証です。
目標は達成してみないと、自分の考えが正しかったか?解りません。そのためにKPIして目標を確実に早く達成しSEE(検証)しましょう。


考えて書いてみよう

・今の目標を12ヶ月や52週で割って目標への行動を細分化してみましょう!
stationery3





ECショップ・WEBサイト運営・オリジナルアパレルでの起業・副業相談乗っています(^^)




スポンサードリンク