setsumeikai_seminar




無料で読めます。ダウンロードもできます↓




第24回 110%を納品する
(セッション3-4)

第21回土俵戦略とは?で、専門分野で勝負。
第22回 オンリーワン・ナンバーワンから始めるでは、1番になれる規模感 で小さく起業しよう!
第23回自分物語では世界に1つの自分物語でオンリーワンになる。

という話でした。今回の第24回110%を納品するでは、土俵戦略の具体的な「やり方」を教えてくれています。

起業での最初は110%を納品する。言い方を換えると、10%でいいからお客様の期待を良い方に裏切りなさいということ。

例えば、
最近オープンしたレストランにランチに行った女性2人。食事がひととおり終わった後にシェフから挨拶とともに「新しいデザートです。試食して頂けませんか?」との申し出です。「ラッキーだったね。」とSNSでシェアするかもしれません。職場で話題にするかもしれません。

あなたは10%を損することになります。この「損」が営業してくれるのです。



<< イマノリ的補助線 >>

10%でいいからお客様の期待を良い方に裏切りなさい。って結構難しいんですよね。お客のいらないモノを上げてもしょうがないし。良い意味でのサプライズです。

私はステッカーをプレゼントしたり、次回10%オフのクーポンだとかになります。なかなか難しいです。この10%多く納品してお客様を喜ばせるという議題は皆考えています。素晴らしい10%ならTVやメディアが取材にきます。皆さんもなかなか思い浮かばなくて当然なのでwがっかりしないで下さい。

この10%のサプライズは商売人なら一生考える議題です。



・あなたがやろうとしていることで110%納品するとしたら、どんな10%をつけられそうですか?

stationery3


ECショップ・WEBサイト運営・オリジナルアパレルでの起業・副業相談乗っています(^^)




スポンサードリンク