setsumeikai_seminar






無料で読めます。ダウンロードもできます↓




第21回 土俵戦略」とは?
(セッション3-1)

 著者の吉田さんは失敗も成功も「なぜそうなったのか」をしつこく考えるそうです。今回の「土俵戦略」は吉田さんがコンサルタントとして独立した時の経験と起業支援の活動の中から生まれたそうです。

 吉田さんは第8回人生想いのままでアドバイスを貰った先輩社長からもう1つアドバイスを貰いました。先輩社長は言いました。

「吉田くん、コンサルタントの百貨店みたいやな~。何でもできるんや。でもな、何でもできるコンサルタントは人に紹介しにくいで。」

先輩社長が言いたかったのは、「紹介しやすいコンサルタントになりなさい」ということでした。そのためには

・専門分野をもつ=〇〇に強いコンサルタントになる ということ。

当時、駆け出しで仕事の無い吉田さんは仕事は何でも取りたいと思っていて専門分野を絞り込むことはお客さまを絞り込むことですから、仕事のない吉田さんはとても怖かったそうです。

その時に先輩社長がまた「吉田君、絞り込むのが怖いんか、大丈夫。絞り込んでも広げても、どっちにしろ仕事ないから安心しなさい。ガハハハ」

この1言で自分が一番自信持ってやれること。語れることに絞り込むことにしたそうです。それが起業支援だったそうです。


お客さんを絞り込んだら次は営業です。

コンサルタントというのは「コンサルタントいかがですか~?」と営業できない先生業です。「ぜひ先生にお願いしたい!」と言われて仕事になる職種です。

営業できない。だったらどうしようか?3つやろうと決めたそうです。

・本を書いて箔をつけよう
・学位を取ろう
・自分の意見を定期的に発表しよう。

その後、本を出版し、大学院で博士号を取り、メルマガで発信したそうです。その後ポツポツと仕事を貰えるようになり吉田さんの起業支援人生が本格化しました。


そして次は営業の話。
起業家は誰もが「営業下手」です。

「商品は良いんです。でも、どう売ったら良いか解らない。」や、「商品は良いのに売れない」

この手の相談が圧倒的に多いです。吉田さんはセミナーで「この中で営業なら誰にも負けない」って方は手を挙げて下さいと聞いてもほぼ手は挙がらないそうです。

起業家が最初に気づくことは「自分は営業が下手なんだ」ということ。

あなたはどうですか?営業得意です!と言えますか?

営業が得意でないのに起業したらいけません。起業したら営業下手でもなんとかしないといけません。そこで次回からは「営業しない営業」土俵戦略を掘り下げていきます。

まとめ
・最初はどうせ売れない、仕事が無いんだから自信がある専門分野に絞って起業。
・営業が得意でないなら起業してはいけないよ!


<< イマノリ的補助線 >>

今回は、
・何でもやらないで自分の得意を絞り込んで勝負。
・起業したら営業下手ではいけない

という話でした。
まず「何でもやらない」っていうのは最初だけでなく起業初期にやりがちです。起業初期(というか起業)は自分が思ってるほど売上がたたないもので、「あれを足そう」「あれも売ろう」「あれもやろう」となりがち。私で言えば、男性アンダーウェアブランドで男性アンダーウェアとして知ってもらえてないのに帽子やらTシャツやらステッカーやら、初めてサイトに訪れた人にも何のブランドか解らなくなってしまいます。また、商品点数を増やせば売上が上がるのですが、同時に仕入れの金額も上がるし在庫も増えます。

仕入れて大きく在庫抱えてダメになるより、これだ!と思ってるもので1点突破できるまで小さくバイトでも他でも働きながら育てたほうがリスクが小さいです。

小さく始めて失敗しても立ち直れる範囲にするのが大切です。
成功→少し多く→商品点数を増やす→広告→HPなどブランド強化→多店舗→全国展開です。

皆さんの目に入るお店情報はほとんど全国展開してる規模のブランドや企業になります。全国展開や多店舗規模と同じレベルの「商品品質」「従業員」「かっこいいHP」や「写真」「広告」「モデル」「商品点数」ができるはずもありません。知らずにこの1つでも大金を注ぎ込んで製作してしまうと大変なことになるので注意です。

あなたが始める初めての起業は、あなたの知らないブランド街を歩いても目に入らなくてグーグルの検索にも引っかからないようなブランド規模です。


次の「起業したら営業下手ではいけない」ですが、会社で1番重要なのは「売ること」です。こういうと語弊があるかもしれませんが、「たいしたことない商品でも売れればOK」。会社でも給料が良い部署は営業です。それは社長が営業が重要だと解っているから。

商品が良くても売れませんが、営業マンが頑張れば商品が悪くても売れます。

起業家というのは、物作りが好きだったり芸術家のようなアーティスト気質の方が多いような気がします。自分で良いモノを作ってる時が楽しいと思います。サイトをプログラミングしてる時が楽しいと思います。が売れなくては生きていけません。会社も存続しません。

起業したら続けて行くために頑張って営業しなくてはいけません。

私はいろんな人と接しないで1人で仕事がしたいな。と安易に起業しましたが、起業したら逆に知らない人に会う機会が増えてしまいました。

知らない人に前日から寝付きが悪いです。
      会う前はお腹が痛くなります。
東京まで行くのが面倒くさいです。
30分話す為に数時間と数千円使って成果0なんてザラです。

しかし起業したら営業しなくてはいけません。皆さんも頑張って下さい!


・あなたは営業が得意ですか?
stationery3


ECショップ・WEBサイト運営・オリジナルアパレルでの起業・副業相談乗っています(^^)




スポンサードリンク