サーファーの時計といえばG-SHOCKと言っても過言ではないのでしょうか。サーフィン中やサーフィンの大会、海外サーフトリップなどで大活躍。
GW-5600BJ-1_l


そんな私のソーラー電波のG-SHOCKがサーフィン中に画面が真っ暗。車の中に入れっぱなしだったからかと思い、太陽に当てながら波待ちしてましたが画面が点いたり消えたり。


調べたらソーラーの二次充電池の寿命は5~10年みたいです。

来月は海外旅行もあるし、どーしようかなと。

1・10年以上使ってるし新規購入。
2・修理。

この2つで比較。

1・ソーラー・電波だと新品¥13000~



2・電池交換は、街の修理屋さんで電波・ソーラーは¥1000~¥3000。CASIO公式だと¥3000。

私はサーフィンでの使用なので防水機能は絶対に必須。
修理・点検・防水検査・保証があるCASIOで¥3000なのでCASIOで修理することにしました。



CASIOでの修理の流れ


CASIOのHPに行き お客様サポート>>「電池交換・バンド交換・修理」に関する情報>>修理サービス内容(電池交換・バンド交換・修理)


こちらでG-SHOCKの裏蓋の型式で検索
製品検索

電池交換・機能検査・点検で¥3000

概算修理予算


カード決済近くのファミマ受け取りを選び元払いで発送

配達記録があった方が良いと思ったので、日本郵便全国一律510円の厚さ制限のないレターパックプラスで発送。こちらはローソンでも購入・発送が可能です。
レターパックプラス


「ピン抜き棒」等で時計のバンドが外せれば、厚さは3cmまでの「クリックポスト」がおすすめ。
こちらは日本全国一律¥185。 家にプリンターがあり、ヤフーウォレットがあるなら登録しておくと便利です。私の会社では1番お客様が選ぶサービスです。



修理完了
CASIO到着後の翌日には修理完了。ネットでカード決済したらCASIOから発送されます。発送から1週間で受け取れました。
修理状況


IMG_5252


2次電池の交換と防水のOリングも交換されてました。6ヶ月保証もあるので安心。
ばっちり動いてます。コレでまた10年?は使えそうです。
IMG_5254



結論・提案

水の中で使う人はCASIOでの修理がおすすめ。簡単で早かったです。

提案としては、私はPCを持ってるので良いのですがスマホでの登録作業と修理状況のメールの確認は面倒くさいかなと。

今はPCを持ってない人が若者が多くなり、パソコンの使用率の右肩下がり。
若い世代はPCを持っていなく、スマホでの購入が増加中。


平成29 年通信利用動向調査の結果より
1

2


3


そこで1つ提案。メルカリに大きく差を付けられている「ラクマ」でCASIOのページを作って貰えばどうか?アプリで修理状況が分かるし、2次元コードでの発送や支払いも選べて楽。

ラクマはB to Bに力を入れて行けばどうでしょう?