あなたの能力は高い?低い?普通?

*はじめに。
1番読んで欲しい能力の低い人は、自己評価が高い&情報収集しない&情報収集に慣れていない為このブログを読まない。または、読んでも理解できていない&理解したつもりになっている。という必要な人に届かなく必要ない人に届く記事です。


2018 8/04 SURF NorthChibaJP 腰~たまのセット腹オーバー サイドオン 人数5名 波はイマイチでしたが、水温高いし、空いてるし良い感じです。 . ************ . 能力が低い人ほど自己評価が高い。 The more incapable, the more high self-evaluation he has. 大人になって勉強しない人。努力しない人。小さい自分の世界で判断する人、満足する人は自己評価が高い人が多いですね。 知識0から始めるWEBサイト運営とECショップのブログ書いてます。 http://imaizuminorihiro.com/ #サーファー #surf #サーフィン #surfing #surfer #surfingday #千葉 #成田 #富里 #skate #fitnessmodel #mensunderwear #shredded #model #fashion #workout #physique #tattoo #Japan #underwearmodel #下着モデル #筋肉 #筋トレ #ジム #トレーニング #コピーライティング #起業家 #アパレル #オリジナルブランド

IMANORIさん(@imaizumi.norihiro)がシェアした投稿 -



私は最近「能力の低い人」と接触する機会が増えてきたように思います。

私は40歳を過ぎ、人生の中間にきたことにより仕事等で下は18歳~上は60歳まで話す機会が増えてきたからかもしれません。

私が思う「能力の低い人」とは・・
まだ20年しか生きていない経験の少ない若い子だったり、社会人になってから自分の仕事関係以外勉強していない学生以降成長していない大人だとざっくり思っていましたが、

若い子でも直ぐに私の意図を理解し返答できる子もいますし、何回言っても詳しく説明しても話の意図を理解できない大人も居ます。
今回のインスタグラム投稿にあたり調べているうちに解ったことがあったので書いておきます。


今回のインスタグラムの言葉の能力が低い人ほど自己評価が高いですが、ググってみると約 12,500,000 件のヒット!世のあるあるなんですね。

例えば居ますよね。こういう自己評価が高い人

・自分のことをカッコいい・モテると勘違いしてる人。
・自分はやればできると思ってる人。(でも行動したことない) 
・人生なんとかなると思ってる人。(周りがなんとかしている)
・自分が会社にとって必要不可欠な人材であると思い込んでいる。などなど

これはダンニング・クルーガー効果と言うらしく世の中のあるあるみたいです。

ダンニング・クルーガー効果とは
アメリカ・コーネル大学のデビット・ダニング教授とその弟子であるジャスティン・クルーガー教授の実験は被験者にテストを受けさせ、そのテストの結果を自己評価で予想してもらった以下の結果。

成績下位25%以内の人は、平均して「上位40%程度にいる」と自分を過大評価
成績上位25%以内の人は「上位30%程度にいる」と過小評価

博士らは、この現象を次のように説明しています。
1.能力の低い人は自分のレベルを正しく評価できない。
2.能力の低い人は他人のスキルも正しく評価できない。
3.だから、能力の低い人は自分を過大評価する。


1.能力の低い人は自分のレベルを正しく評価できない。は他人の事なので被害は無いのですが、

2.能力の低い人は他人のスキルも正しく評価できない。
3.能力の低い人は自分を過大評価する。

は、他人に被害を与えてます。


自分は自己評価が高いのか?他人に迷惑をかけていないか?自分自身を確認する必要があります。

まず、「能力が低い」の能力とは何の能力なのか?という疑問。

嫁に逆に「能力が高い人ってどんな人?」と聞いたら案の定「東大出た人」との答え。
東大出た人・学生時代の暗記の勉強できた人が社会で活躍できる。稼げるとは関係ないよね?と一蹴。

私が思う能力が低いとは
・物事の理解不足
物事や相手の意図を理解する能力が低い

・自分の位置が理解できていない
自身の実力が解らない

と考えました。下調べ不足によるモノ・コトの把握や、自分の正しい立ち位置を客観的に見れていない。ということ。



有名な本を読む人。読まない人。という風刺画↓
o0480060013720496521

左)本を読まない人は・「お花畑状態」
TVやグーグル1ページ目の検索結果や経験乏しい自己判断による真実の見えていない人。ハリボテの世界を見ている。

真ん中)ある程度本を読む人・「現実を知る」
ある程度本を読む人は、世界で実際に起きている事や状態が解ります。現実の厳しさを知り悲観します。

右)たくさん本を読む人・「解決策を見つける」
たくさん本を読む人は現実の厳しさを理解し未来を予想して解決策を見つけます。


能力が低い人とは、この情報不足による頭の中「お花畑状態の人」だと思います。
情報不足の人は、TVなどの大衆メディアと自分が実際に会ったり話したりできる生活範囲の情報など狭い自分の世界だけで自分を判断するため自己評価は高くなりがちです。
情報収集

何かを知りたい時に、自分がその何かの専門家集団の中に居ない限り、普通に生活しているあなたに入る情報はその知りたい情報の底辺しか入らないということ。

能力が低い人は、情報収集能力が低く、自分の位置や情報が正確に判断できず自己評価が高くなり努力しない。ということになります。

私のブログ読者層の話で言うと・・

・何年、何十年もサーフィンしているのに下手な人。
・何年、何十年も筋トレしてるのにたいして体が変わらない人。

ですね。また私の経験上、自己評価の高い人は下と比べたがります。

サーフィンしてる自己評価が高い人はサーフィンしてない人やちょっとやったことある人と比べます。
筋トレしてる自己評価が高い人は、筋トレしてない人と比べて「俺ってデカイな」と思ったりします。

比べるのは自分と同じ経験年数のサーファーやトレーニーですよ!



自分は自己評価が高いのか? 調べる方法


自己評価が高い人は、自分の能力が低いとは思わないので自分の能力を試すテストをしないという悪循環に陥ってます。 「気が利かない人は、自分が気が利かない事に気がつかない」みたいなまるで禅問答。


調べる方法としては、
・自己採点方式でテストする
・周りの人に聞いてみる

など。わたし的なおすすめの方法は、自分はやればできる(環境が恵まれればできる)と思ってる人で

あなたは何かで全日本レベルになったことがありますか?
ある分野でその分野の人に指導できますか?


ということです。ここで自己評価が高い人が勘違いしやすいのが素人に指導できるか?ではなく、その分野の先生になれるか?ということ。

何かで全日本レベルになった人や先生の先生というのは、それなりに努力しないとなれませんし、努力しても上には上がいる事を知っていてとても謙虚な人が多いです。


自分の小さな世界で判断した自己評価の高い人「俺様。」になりやすいということです。


以前、知り合った人の話ですが、彼はサーフィンをしていて相当上手かったらしく、ハワイのノースショア修行に行ったそうです。その時ハワイの大波を乗りこなす世界のプロサーファーを見て「俺はこの世界では戦えない」と悟りサーフィンは辞めた。と言っていました。

自分の好きな分野の中でも自分を客観的に見れている良い例ではないでしょうか?
自己評価の高い能力の低い人はただの能力の低い人よりタチが悪いので気をつけましょう。


能力の無い人とは・・

自分の状況や立場が理解できてない・考えていない人なので、当然他人の状況・立場・レベルも理解できなく、他人や全体との比較で自分を判断できない・しない人。または他人や全体との比較ではなく、自分が頑張っているか?いないかで自己判断し自己評価が高くなっている人。大人の社会ではそういう人間を無能と呼ぶ。


結論・・・
何かで「全日本レベル」「先生の先生レベル」に達したことがない人で、
「自分はやればできる」と思ってるひとは「自己評価が高い」可能性が大いにあります。

何かで「全日本レベル」「先生の先生レベル」の人は、
・何かに向かい努力と継続ができる人で
・努力を継続する(人より上に行く)には何かを犠牲にし時間、お金、環境を作ることを知っている。
・努力しても勝てないことも知っている。

ので「自己評価は高くならない」と言えます。


最後に・・
「自分はやればできる」と思ってる大人へ。
お金があれば・・時間があれば・・親が・・自分が真剣になれるものがあれば・・などを理由にチャレンジしてないですよね。
全ての何かの結果を出した人が恵まれた環境に居たわけではありません。
何かを得たいなら、何かを犠牲にしなければなりません。

皆、時間・お金・彼女・就職・友人関係など何かを犠牲にして成功するか解らないチャレンジしているのです。
「成功したい」と他人に夢を語りつつ、何かを犠牲にできずダラダラと過ごしていますよね?!
「自分はやればできる」と思いつつ、挑戦しなければ失敗した自分を認めなくて済むと逃げてませんか?!

周りの人に全部バレてますよ!


そんなに語るお前は?え、私ですか? 私はなんの才能もありませんが努力すれば2流になれる人間だと自己評価しています。

・学生時代の偏差値・スポーツもそれなり
・サーフィンはプロまでいけなかったが、スポンサーがつく2級取得。
・トレーニングしてたのでついでに出てみた千葉県ベンチプレス大会は万年2位。
・日本初のかっこいい体の大会ではTV放映のファイナルベスト6に残れないセミファイナル

な感じ。

私は「サーフィン好き」「トレーニング好き」ではなくて、
「サーフィン好き」「かっこいい体にもなりたい」「ファッション好き」という多感な人間なので1つに絞れず2流止まりなんでしょう。。

でもビジネスの世界で2流なら食べて行けると思い起業したんですよね。
私の私自身の評価が違かったら教えて下さい・ω・
asaasas




記事が面白かったら、高品質の男性アンダーウェアの購入お願いします!

MUSQLAR underwear / マスキュラー アンダーウェア

MUSQLAR.underwearとは ジムやスポーツでカラダを鍛え遊ぶ人々を 応援する日本発信のプレミアムアンダーウェアブランドです。